クリスマスの七面鳥

日本とアメリカでは、クリスマスの祝い方がちがっています。
例えば食事です。
アメリカでは、クリスマスに七面鳥を食べる習慣があります。もともとのおこりは、アメリカに移住したヨーロッパの人たちが、飢えに苦しんで冬をこせないというときに、先住民が、七面鳥のとりかたをおしえたことから、そのときの感謝を忘れないようにという気持ちでできた習慣のようです。
今ではローストビーフなども食べられていることもありますが、その理由は、ごちそうを食べよう、という習慣が残っているわけです。ですから今ではアメリカでも七面鳥に限ったわけではありません。
ところで、どうして日本ではチキンを、そしてケンタッキーフライドチキンを食べるという習慣があるのでしょうか。
それは、ケンタッキーフライドチキンの企業努力だったのです。クリスマスに七面鳥を食べる習慣もなく、といってなにかを食べるという決まりもなかった日本に対して、クリスマスはケンタッキー、というプロモーションを行って、そもそも七面鳥を日本で手に入れるには苦労するという背景も手伝ってか、計画がうまくいったのです。
ですから、アメリカ人にとっては、チキンを食べるというのはともかく、なぜケンタッキー?とかなり不思議に思っているようです。また、クリスマスにケーキを食べるという行事も、ヨーロッパ圏の話のようで、アメリカでは、そうでもないという場合もあります。
バレンタインなども企業側の努力が、いつの間にか季節の定番行事にまで仕上がった例ですね。こういった新しい行事は、高齢者にとっては最初からあったものではないので、子どもの頃はなかったという人もいます。ですから、やりようによっては、まだまだクリスマスの恒例行事というのは増えていくかもしれません。

寿ぐ気持ちを自由に広げて~就職祝いを選ぶコツ

就職祝い。
結婚祝いほど細かい制約はありませんが、実際贈るとなると悩んでしまいます。
かといって『無難だから金券』というのも味気ないもの。
品物選びの基準に〔相手との距離感〕を加えることをお勧めします。

1.それほど親しくない場合
冠婚葬祭でしか会わない遠い親戚などには、いわゆるキエモノが一番です。
本人の好きな食べ物がベストですが、「ご家族でお祝いの席でお召し上がりください」と、ちょっといいお肉や今時期ならご当地鍋のセットなどを贈っても喜ばれるでしょう。

2.そこそこ親しい場合
スタンダードな消耗品がいいでしょう。
具体的には、シンプルながらも上質なハンカチやベーシックなワイシャツ等です。
何枚あっても困らないものは、奇抜な色やおかしなデザインでない限り歓迎されます。

3.好みが分かるほど親しい場合
名刺入れ・ペンケース・ネクタイピンといった、職場で使えるアイテムをどうぞ。
ただし、バッグのような大きいサイズのものではなく、相手が気兼ねなく受け取れる小物にします。
購入する際は、できれば一緒に出かけて品物を選びましょう。もらったものの使いにくかったり素材が好きじゃなかったりで、ありがた迷惑になっては本末転倒ですから。
社会人一年生なら、ハイブランドは避ける方が賢明です。職場の上司や先輩に『新人のくせに生意気だ』と思われ嫌われないとも限りません。

一番のポイントは、本人に喜んでもらえること。
かつて自分がもらった品や定番商品にこだわらず、柔軟な発想で探してみてはいかがでしょうか。

引っ越し祝いに役立つ贈り物

親しい友人や親族が引っ越した時には一つの記念として何か贈り物を上げたいものです。特に戸建てやマンションを購入した時は一考の価値ありです。一般的に家やマンションの購入は一生に一度なので、引っ越した側の方からすると人生の中でも特別なイベントだからです。

その分、引っ越しの際の贈り物は相手にとってもインパクトがありますが、悩めるのは何をあげたら本当に喜んでもらえるかです。

必ずしも自分にとって嬉しいものが相手にも喜ばれるわけではなく、「役立つかな」と気を遣って選んだものが押入れの奥に片付けられてしまうこともあるのです。それであれこれ考えなくてはなりません。

一つ注意したいのが相手に確認せずに家具や大家電などのスペースを取るものを贈るのは控えておいたほうが無難でしょう。特に身近な人であったとしても後々のお付き合いもありますので気を付けましょう。

お金を贈り物として差し上げるのはどうなのでしょうか。これが一番無難な方法と思われる方も少なくありませんね。直ぐに使えるのでこれほど有用なものはありません。お金をもらって困るという人もいないでしょう。

しかし贈り物を差し上げた側としては何とも味気なく感じてしまうものです。相手にも喜んでいただきたいのですが、こちらも何らかの充実感を味わいたいというか、その家に残る物を贈りたい気持ちは本音としてあるでしょう。

そんな時はカタログギフトが特におすすめです。なぜかというとカタログギフトであれば相手が自分で選べるので遠慮せずに本当に欲しい物を選ぶことができますし、なおかつ新居に残り生活に貢献することもできるからです。

きっと贈り物のお礼として「カタログから〇〇を選んだよ」と相手も言ってくれることでしょう。相手もに役立ちますし、こちらの側も充実感を味わえる、それがカタログギフトのメリットなのです。

父の日に贈るのは何故黄色い薔薇なのか

母の日に比べて多少影の薄い気がしなくもない父の日ですが、それもそのはず、父の日は母の日の後から制定された記念日なのです。
父の日はアメリカが発祥の地ですが、簡単に言うと母の日があるのだから父親に感謝する父の日も作ろうという事で生まれた日となります。
つまり母の日がなければ父の日も無かったという事になりますね。

母の日のプレゼントに贈る花といえば誰もが知っているカーネーションですが、父の日に贈る花は薔薇です。
ですが、カーネーションほど父の日のプレゼントとしては定着していないのが現実です。
もともと、発祥の地であるアメリカで存命の父親には紅い薔薇を、亡くなった父親には白い薔薇を贈るのが父の日の習慣となっており、それがそのまま日本にも伝わってきたのです。
ただ、日本では父の日は赤や白の薔薇ではなく黄色の薔薇が定番です。

それは、黄色が幸福や身を守ってくれるとされる色として、80年代にはいってから父の日の黄色いリボンキャンペーンというものが始まったせいです。
つまり、アメリカから伝わった薔薇と日本のキャンペーンで選定された黄色いという色が組み合わされて父の日の花イコール黄色い薔薇となったのです。
実は黄色の薔薇の花言葉は、正反対の意味があり一方では友愛や献身という意味がありますが、反面嫉妬や薄れゆく愛という意味もあり、父の日に贈る花としては微妙と言えるのですが、微妙な理由としては上記の様な理由があげられるのです。
また、日本では女性から男性へ花を贈る習慣がなかった事や、こうしたキャンペーンが始まったのが今から約30年前と歴史がまだまだ浅いことから、母の日のカーネーションに比べて父の日の黄色薔薇はまだ馴染みが少ないという方もいるのかもしれませんね。